FX(魅力だといわれています)初心者の場合は、マージンコールの対処法が判らないと言う人も多いのではないでしょうか。

FX(1998年の外国為替及び外国貿易法の改正などがきっかけでブームとなりました)で負けない為にも、この時の対処法をしっかりと知っておきましょう。

まず、マージンコールとは、大きな損失になる場合にFX(売買の際の差益だけでなく、スワップポイントで利益を得られる可能性もあるでしょう)業者が注意(頻繁に受けていると、信用を失いかねません)を促して、証拠金の追加入金を求める警告の事を言うんです。

FX(証拠金を担保として、証拠金以上の額の取引が可能になるのが魅力だといわれています)業者が大損をしないために、マージンコールが存在しています。

基本的に、マージンコールは証拠金(委託証拠金と取引証拠金に分けることができるでしょう)維持率が50%を下回った時に警告されると思っましょう。

但し、FX(取扱い業者に証拠金を預けて、差金決済で通貨の売買を行う投資方法です)業者によっても、マージンコールのラインは多少前後すると思った方がいいでしょう。

そして、マージンコールの対処法は以下の通りになります。

・証拠金(投資の際は、証拠金維持率にも注意した方がいいですね)の追加入金
・損切りをする

このふたつから選ぶ事となるのです。

証拠金(委託証拠金と取引証拠金に分けることができるでしょう)を追加で入金する事によって、証拠金(証拠金維持率が50%を切ってしまうと、マージンコールがかかってしまいます)維持率が高まるので、これまでと同様でFX投資(素人でも簡単に儲かるというイメージが先行して、かなりの人が始めて、失敗してしまったのではないでしょうか)を続けることが可能です。

また、損切り(投資を行う上では、リスク管理と同様に重要性が高いでしょう)で証拠金(いざという時の担保ですが、損失が出た場合にはここから引かれてしまいます)維持率50パーセントを超えるように決済するという方法もあると思います。

どちらを選択するようにするにしても、速やかに対処した方がいいでしょう・http://designfromthegut.com/